Audio

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

A. Ginastera
Piano Sonata no.1
4th movement

アルゼンチンの作曲家、ヒナステラのピアノソナタ、最後の楽章。
最後まで疾走感のあるアルゼンチンのダンスのリズムの曲です
ウィーンコンチェルトハウスでの演奏です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

S. Rachmaninof
Piano Concert no.1 2nd movement

ラフマニノフは2番の協奏曲が有名ですが、この曲もしっとりした隠れた名曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

M. Ravel
Gasrard de la nuit
Scarbo

ボレロなどでお馴染みのフランスの作曲家ラヴェルの書いた、夜のガスパールという超絶技巧の曲集の最終曲。

この曲はルイベルトランというフランスの詩人による不思議な詩から着想して書かれました。


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

C. Weber
Piano Sonata no.4
4th movement

ドイツの古典派からロマン派の時代ごろに活躍したウェーバーのピアノソナタ。

オペラ作曲家として有名な彼特有の歌いまわしが素晴らしい隠れた名曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

M. Ravel
La Valse
arr. Aruki Fujikawa


オーストリア・ハンガリー帝国の崩壊するさまを描いたともいわれるワルツ。

2台ピアノ版の音を一人で弾きたい、という構想から編曲しました。

どんがらがっしゃんな感じで、ド派手です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

G. Ligeti

Etude for Piano
no. 13, 14

現代作曲家リゲティによる練習曲より、もっとも難しいといわれる「悪魔の階段」と「無限の円柱」です。

ウィーン国立音大200周年記念のイベントで弾いた時の録音です。



Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

G. Faure
Ballade


フランス、ロマン派の時代に活躍したフォーレの隠れた名曲です。

若いフォーレがリストにこの曲を見せたところ、難しすぎて指が一本足りないよ、と言ったというエピソードがあるそう。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

S. Barber
Piano Sonara
2nd movement

アメリカの作曲家バーバーのピアノソナタより。

ピアノソナタ全体を通してとても聡明に書かれています。

冷ややかで軽やかな、絶妙な雰囲気の曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

S. Barber
Piano Sonara
4th movement

 アメリカの作曲家バーバーのピアノソナタより。 
この楽章はとにかくカッコイイの一言に尽きます。

ピアノという楽器を熟知した彼ならではの曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

J. S. Bach
Toccata in e minor

若いころのバッハの作品。

トッカータとは、もともと楽器の状態を知るために演奏前に、鍵盤を端から端まで触ってみることをいいます。


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

J. Haydn
Piano Sonata no. 24 
in D Major

可愛らしいピアノソナタです。

古典派の中でもハイドンはとりわけ、健康的でウィットに富んだ曲を多く残したと思います。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

J. Field
Nocturne
no. 11, 12, 13

ノクターンというジャンルを発明したイギリスの作曲家フィールドのノクターン。

ショパンが大きな影響を受けたといわれる作曲家です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

C. Franck
Prelude, Chorale et Fugue

フランスロマン派の時代の作曲家フランクの曲。

とても宗教的な雰囲気の曲です。

別々に表れる2つの主題がクライマックスで同時に現れるところは圧巻です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

P. Boulez
12 Notations

フランスの現代音楽家ブーレーズが20歳の時の作品。

12音技法という技法を使った変奏曲です。

Video

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

A. Piazzolla
Fuga y Misterio
for Piano Solo
arr. Aruki Fujikawa

数々のタンゴの名曲を生みだしたアルゼンチンの作曲家、ピアソラのフーガと神秘を、2021年夏のリサイタルのアンコールのためにピアノソロにアレンジしてみました。
タンゴの旋律をフーガの主題として扱うという斬新な曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

S. Lyapunov
Piano Sextet op.63 3rd mov. ”Nocturne”
for Piano Solo
arr. Aruki Fujikawa

ロシアの作曲家であるリャプノフのピアノ6重奏曲を2021年夏のリサイタルのプログラムのためにピアノソロにアレンジしてみました。
室内楽曲ならでは幾重にも旋律が重なっては消えていく幻想的な夜想曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

 D. Shostakovich
Concertino
for 2 pianos


ポルトガル以来のデュオの相方、吉田昂城くんとの演奏です。

次々と変わっていく曲想が楽しい、疾走感のある曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

Gershwin
”The Man I Love”

シャルルドゴール空港にて

パリの空港で子供が泣いていたので、ちょっと昔引いたことのあるガーシュウィンの曲を弾いてみました。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

 J. Brahms
Wiegenlied
arr. Aruki Fujikawa


ブラームスの子守歌をピアノソロ編曲しました。

昔、オールブラームスのプログラムでコンサートのアンコールとして書いたものです。 

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

D. Shostakovich
Prelude and Fuga 
no. 24 in d minor

2021年夏のリサイタルでもプログラムに入れた曲です。前奏曲部分にすでにフーガの主題が現れるという斬新なアイデア。そして2つのフーガ主題が合わさって出てくるクライマックスは圧巻です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

J. S. Bach
Well-Tempered Clavier
Book 2, F Major
Prelude


2021年夏のリサイタルでもプログラムに入れた曲です。
旧約聖書とすら言われるバッハの平均律クラヴィーア曲集の一曲。
ヘ長調は自然を表す調、とも言われています。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

J. S. Bach
Well-Tempered Clavier
Book 2, F Major
Fugue


はつらつとしたジーグ(イギリス由来の舞曲)のフーガ。
この曲はダブルジーグといわれる2拍子系のジーグを用いた3声のフーガです。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

S. Rachmaninov
Etudes-tableaux
op. 39 no. 5

後期ロマン派の練習曲として名高いラフマニノフの練習曲、音の絵の1曲。
絵画の世界は”etude"は
スケッチなどの習作、"tableaux"は完成された絵画を表します。


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

S. Barber
Piano Sonata 
3rd & 4th movement

20世紀のアメリカの作曲家、バーバーのピアノソナタから。
歌手としても優秀であった最後のロマン派といえる彼ならではの旋律がアカデミックな堅固な形式の中で昇華された名曲です。

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

Bartók
Piano Sonata

民族主義のハンガリーの作曲家バルトークのピアノソナタ。
ハンガリーで話されるマジャール語は単語の母音が奇数であることが多いそう。そのためかこの曲でも奇数拍子を多用した変拍子が用いられています。

Talk and more

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

鳴門 / ストピ


鳴門のストリートピアノ設置の告知。

3曲の連弾の編曲を担当しました。


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

ストピ / 剣の舞


爆速・剣の舞


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

Wels / としさん


イタリアンポルカの連弾とか


Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

音楽クイズ


某番組っぽい感じ

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

どっきり / けんちゃん


また仕掛けたいやつ

Youtube のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Youtube の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Youtube のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

ベートーヴェン交響曲
第7番1楽章、4台ピ

編曲しました。最高の曲、最高のメンバーです。