©Andrej Grilc

藤川有樹 プロフィール

1992年広島生まれ。
 3歳よりピアノを始める。
2014年松方ホール音楽賞、奨励賞(音楽賞なし)を受賞。
2020年、ポルトガルにてCoimbra world Piano Duo Competition第1位を受賞。
副賞として指揮者Jan Wierzba オーケストラ「Clássica do Centro in Coimbra」とバッハの二台ピアノの為のピアノ協奏曲BWV1060を吉田昂城と共演。このコンサートの演奏はポルトガルの国営放送により放送された。
コンクール後、吉田昂城とピアノデュオを結成し演奏活動を始める。

これまでにピアノを宇賀治和子、芹澤佳司、有森博の各氏、京都市立芸術大学にて上野真、三舩優子の各氏、ウィーン国立音楽大学にてStefan Arnold氏に師事、また作曲を岡田正昭氏に師事。
またこれまでウィーン国立音楽大学200周年記念のコンサートにおける演奏により同音楽院に試験免除で入学したほか、ベートーヴェン作品の演奏に対して2018年のウィーンベートーヴェン協会奨学生に選出された。

そのほか、国内外のマスタークラスなどにおいてPascal Rogé, Pascal Devoyon, Andrei Pisarev, Aquiles Delle Vigne各氏などの薫陶を受けている。

これまでにウィーンコンチェルトハウス、ミュンヘンスタインウェイハウス改装記念式典など,
ヨーロッパ各地で演奏活動を行うほか、2018年よりミュンヘン国際音楽アカデミーにおいてKirill Troussov, Ludens Turku各氏によるヴァイオリン部門と、Wen-Sinn Yang氏によるチェロ部門のマスタークラスの公式ピアノ伴奏者としても活動している。 

また様々な編成用の編曲を手がけており、2021年にはオンラインでの編曲作品の楽譜販売を始めたほか、徳島県後援、鳴門市主催の屋外イベント用に編曲作品を提供するなど、編曲者としても活動している。



 
Biography   Aruki Fujikawa

Aruki FUJIKAWA was born in Hiroshima in 1992, and began learning piano at the age of three.

He learned piano by Ms. Kazuko UGAJI, Prof. Keiji SERIYAWA, and Prof. Hiroshi ARIMORI. Prof. Makoto UENO, and Prof. Yuko MIFUNE at “Kyoto City University of Arts”, Faculty of Music, Piano Course, Prof. Stefan ARNOLD at “Musik und Darstellende Kunst Wien” in Vienna, Faculty of Solo Concert Piano, composition by Mr. Masaaki OKADA, piano chamber music under Prof. Satoru SUNAHARA, and Harpsichord under Prof. Shinichiro NAKANO.

In addition, he studied under Prof. Pascal ROGÉ, Prof. Pascal DEVOYON, and Prof.Georges PLUDERMACHER master class of “Académie de Musique Française de Kyoto”, under Prof.Alexander RÖSSLER Master class of “Wiener Musikseminar”, and under Prof.Andrei PISAREV, Prof.Adriano JORDÃO, Prof. Gabriel KWOK and Prof. Aquiles DELLE VIGNE in master class of “Coimbra world Piano Meeting”, under Prof. MICHAEL Schäfer in Munich International Music Seminar.

He was given also musical advises by Dag ASCHATZ, Gilead MISHORY, Bruce VOGT, Yasuko TASUMI.

In addition, he played in January 2018 in Munich
in 10-years anniversary concert as a chosen player of Munich International Music Seminar for whole 10 years.
And also he worked as official accompaniment pianist for Masterclass of Violin and Cello Class by Kirill Troussov, Ludens Turku, Wen-Sinn Yang, of Munich International Music Seminar.

He was a student of the year 2018 on the scholarship of “Wiener Beethoven Gesellschaft (Vienna Beethoven Society)”.

He won 1. Prize of  „Coimbra World Piano Duo Competition 2020“ and played Bach double concerto BWV 1060 with Maestro Jan Wierzba, Orquestra Clássica do Centro in Coimbra, Portugal, and his performance was broadcasted in National Broadcast of Portugal